読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

『告白は12時半、辞表は金曜。ベスト・タイミング・ブック』を読んだ

本日の一冊は「告白は12時半、辞表は金曜。 ベスト・タイミング・ブック

 外食をするならいつ?テレビを買うならいつ?起業するならいつ?銀行に行くならいつ?といったタイミングをテーマにした本。著者はアメリカの方で、この本はアメリカのタイミングの話で、日本とはタイミングが違う話もいろいろとある。それを補足説明するのが監修の金子哲雄さん。テーマは非常に面白いけれど、先にアメリカのタイミングの事例が紹介され、金子さんによって日本の場合はーと説明を読むと、アメリカのタイミングを読むことに意味があったのかと感じる。アメリカに興味がある人、アメリカに住んでいる人ならば有益な知識だけど、アメリカでのタイミングに関心がない場合は読み飛ばすのが良いだろう。今回は、気になったタイミングを紹介します。少しでも興味がある項目があれば手に取ってほしい。

本記事の目次

靴を買うならいつがよい? 

夕方です。夕方は足がむくんで、サイズが1日のうちでいちばん大きくなっています。このタイミングで買った靴なら、逆にサイズがいちばん小さくなる午前中にはすんなり足に馴染みます。

「ベストタイミング・ブック」p15

  靴を買う機会はそう多くはありませんが毎日身に着けるもの。そして身体を支える大事な役割がありますから、フィットした靴を買いたい。そのためには夕方が最適とのこと。実際足のむくみは午前と午後でどの程度違うのだろう。誰か研究してる人いないかな。

枕を買い替えるタイミングは? 

2年枚がよいでしょう。あなたがダニアレルギーなら、特に強くお勧めします。

「ベストタイミング・ブック」p60

 枕カバーを洗っている程度で買い換える発想はあまりありませんでした。ちなみにダニは120℃くらいの熱湯で洗うか、冷凍庫に入れれば確実に死滅するそうで、お気に入りの枕はこのようにしてダニ退治してとも書かれています。枕は人生の中で3分の1以上はお世話になる布団の一部ですから大事にしないといけませんね。

 

難しい仕事をするならいつがよい? 

午前10時から11時のあいだがベストです。

「ベストタイミング・ブック」p68

 目覚めて3時間後には脳に必要なエネルギーが行き届いていて、難しい課題にもチャレンジできるようです。テストも午前中に受ける方が成績が良いという研究結果もありますし、大切な試験を受ける3時間前に起床することがいいってことですかね。

上司に不満を言うならいつがよい? 

 木曜日か金曜日です。

「ベストタイミング・ブック」p109

  月曜日は会議などがたてこんでいる。火曜日は週のうちで一番効率が上がる日、水曜日はいらいらが募る日で、木曜金曜は週の終わりにしこりを残したくないため、不満に耳を傾けてくれそうな曜日ということ。不満を言った次の日も顔を合わせるのは疲れますし、なるほどなと思います。

フルーツはいつ食べればよい?

朝起きていちばん最初に食べるとよいでしょう。フルーツは水分、糖分、ビタミンや抗酸化物質を多く含む食品です。そのためいつ食べてもよいという意見もあります。でもフルーツはエネルギーの素になる素晴らしい食品ですから、身体の筋肉にエネルギーをためなくてはならない朝に向いています。

「ベストタイミング・ブック」p145

 いつ食べてもよいという意見もある。でもエネルギーをためる意味で朝にとるのをお勧めしている著者。また栄養学者は消化がよく消化の妨げにならないという理由でフルーツを食間にとることを勧めていて、もういつでもいいじゃないかと思ってしまいますが、朝と食間に取るとより良さそう。冬はみかんという最強のフルーツがありますから食間にも食べやすいですね。

 ほかにも食事関係だと、卵やナッツ、魚などのたんぱく質豊富な食品はその日一日のエネルギー源であることから朝食や昼食が良い炭水化物やでんぷん質の野菜(イモ系)は寝ているあいだにエネルギーを蓄え、身体の調子を整えることから夜に良い(食べ過ぎは体重増加に繋がる)、マグネシウムやカルシムのサプリメントは寝つきをよくする効果があるため寝る前亜鉛サプリメントは胃が空か、それに近い状態の時に吸収されるため、空腹時が良いとのこと。あとは寝るだけなのに夕飯をがっつり食べるのはどうなんだろうと思っていましたが、エネルギーを蓄える点においては良さそうです。

さいごに

 本書の最後に紹介されているタイミングは日本にいつならいつか?です。

 答えは秋で、お祭りも多く航空運賃やホテル代が安くなるそう。また過ごしやすい気候というのもあるようです。といってもアメリカ目線で、他に国からしたら秋は寒いかもしれませんけど。

 amazonレビューにはアメリカと日本の話を両方され混乱する。いっそ金子さんがタイミングの本を日本向けに書いてほしかったとあり、確かにそれも一理あるなと感じた。車を買うなら火曜か水曜と書いてあるのに金子さんの補足で日曜日15時以降夕方までですと書かれていると、火曜と水曜とはなんだったのかとなってしまう。アメリカのことは知ったことかと言いたくなってくるのが本書の難点であり、アメリカと日本を比較することができるという点で本書の面白いところでもある。

 ちなみに、タイトルにある「告白は12時半」は、食事に意識が集中していてリラックスした気分であること、もし断られてもおいしい飯を食っているうちに元気になれるよとのこと。なるほどね。

 おしまゐ。

 本日紹介した本

告白は12時半、辞表は金曜。 ベスト・タイミング・ブック

告白は12時半、辞表は金曜。 ベスト・タイミング・ブック