読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

うがい、石けん、ビタミンC! 「体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品 」

 

本日の一冊は「体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品

 

この人は本当にたくさんの本を出すなあと感心するのだけど、どれもこれも科学的根拠が薄いところがあって本当かよと思うところもしばしば。それでも何がカラダにいいのか悪いのかを考えることができる一冊としてよいかと思います。

 

うがいは水ですればいい

http://www.meiji.co.jp/drug/meiji-ugai/products/images/ugai/pkg.png 

参照:http://www.meiji.co.jp/drug/meiji-ugai/products/images/ugai/pkg.png

 

最初の品はヨードうがい薬。ある調査で、水うがいをする人とヨードうがい薬をする人を分けて2か月間の風邪の発症率を調べました。1日の平均うがい回数はどちらも3.7回だったそうで、その結果、ヨードうがい薬の人たちは、水うがいをした人たちよりも発症率が1.4倍高くなりました。つまり、ヨードうがい薬より、水うがいしたほうが風邪をひかないよという調査結果。

 

さて、ではどうしてこのような結果になったのだろう。

 

調査をとりまとめた川村教授は、「ヨード液がのどの常在する細菌叢を壊して、風邪ウィルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害した可能性が考えられる」と答えました。

 

風邪の細菌を防ぐ前に、そもそも体にいる細菌を壊すことによって、風邪の細菌が体に入りやすくなったということです。風邪を防ぐために強力な殺菌力をもったヨードうがい薬ですが、最初からいる細菌までもやっつけてしまってはいけないということです。

 

ですから、水うがいで十分だということです。ただこの調査もうがいだけしかコントロールできないわけで、他の要素が関連したかもしれません。水うがいをしている人たちは、水うがいだけでは風邪を防げないと考えて、常日頃マスクをしたり、体調管理を気を付けていたかもしれません。もしくはヨードうがい薬の人たちは毎日薬でうがいしているから大丈夫だろうと、マスクをしなかったり、風邪対策をうがい薬だけにまかせていたのかもしれません。

 

この結果がすべてではないということを意識した方がよいと思うのですが、読者は安全か否かという〇か✖かを求めているためか、著者は決めつけで語ります。

 

この調査結果を知って、これまでヨードうがい薬で熱心にうがいをしていた人は、さぞかしショックを受けたことでしょう。しかし、これが現実なのです。

 

一つの実験結果を鵜呑みにするのは現実的ではないと思います。

 

 

 

シャボン玉石けん

歯磨き粉にはサッカリンNaという発がん性の疑いがあるものが使われている。もしくは刺激性の化学物質が含まれていて、長時間磨けず、きちんと歯を磨けていない。

 

ボディソープには、洗濯用洗剤と同じ成分が使われている。シャンプーを使うとハゲるぞ。などなど文句を垂れ流しをするのですが、じゃあどうすればいいんだよという読者からの問いかけに著者はこう答えます。

 

私が使っているのは、[シャボン玉せっけんハミガキ](シャボン玉石けん)です。

 

ちなみに私が使っているのは、シャボン玉石けんの[シャボン玉浴用]です。

 

私の場合、前に無添加の石けんで体を洗っていると書きましたが、実はその石けんで髪も洗っているのです。

 

この著者は、シャボン玉石けんからお金をもらっているのか?と感じてしまうほどのシャボン玉石けん推し。石けんは万能なんだ。という主観もなかなかのものです。ようは変な成分が入っていないものを使えってことなんだけど、それにしてもシャボン玉製品しかあんたは知らないのかと言いたくなるほどです。

 

ビタミンCは風邪回復に有効

 

12番目の商品には、風邪薬が挙げられていて、風邪薬は一時的に熱を下げ、痛みを抑えるだけで根本的な治療にはならないよと言っています。そんなの当たり前です。

 

風邪をひいたときは休息するのが一番です。そして、風邪を根本的に治す方法として著者はこんなことを言っています。

 

また、ビタミンCをとるのも有効です。これまでの研究で、ビタミンCが風邪の回復を早めることが確認されているのです。

 

ビタミンCは風邪にいいのか悪いのか。いろいろと調査研究がされていますが、ビタミンCは風邪予防にはあまり効果が見られず、風邪回復には効果があるよという調査結果があります。ですから、風邪をひいたときは、ビタミンCを摂取しとけよというお話。

 

ちなみに私は、冬になると下のビタミンレモンのど飴を常備して、少しでも体がだるいと感じたら舐めています。

 

https://pft.cosme.net/fitter/cdn/media/collection/331/3837/3404048.jpg?target=550x100

参照:https://www.cosme.net/beautist/article/951861

 

 数あるビタミンCのど飴の中からなぜこれかというと、甘味料が含まれていないからです。最近ののど飴は甘すぎると感じていて、これは甘さ控えめで、ハーブも入っていてすっきりとした味わい。数年前からこれを愛用しています。

 

ただ一つ問題があって、このビタミンレモンのど飴。アマゾンや楽天に売っていないのです。さらにはUHA味覚糖の商品のはずなのに、公式サイトの商品一覧に載っていません。怖すぎ…

 

いつも近くにドラッグストアで購入していますが、このビタミンレモンのど飴。どうしてネットにないのだろう。

 

おしまい。