読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

ひねる・かさねる・かたむける 「美人な「しぐさ」 」

身体

 

本日の一冊は「美人な「しぐさ」

 

しぐさを意識することによって、美人に魅せることができる。

その方法を、図付きで解説してくれている一冊。

 

著者は男性であり、男性という目線から見た、女性の美しさのようにも思えますが、

きっと同性の女性からも、美人に見えることでしょう。

 

私は男性ですが、この本を参考にしてしぐさを変えれば、美人(笑)に見えるということでしょうか。

この本に書いてある内容の多くが、女性のみに適応されるようなしぐさの解説ですが、男性も意識したらよいのでは? 思う箇所をまとめることにします。

 

3つの基本

美しい雰囲気をつくるためには、3つの線があります。

①「ヒネル」ことによって生まれる曲線

②「カサネル」ことによって生まれる、まとまった線や複雑な線

③「カタムケル」ことによって生まれる射線

 

ひねる、かさねる、かたむける。この3つを意識することが重要。

 

1.ひねる

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMARI20160806045717_TP_V.jpg https://www.pakutaso.com/assets_c/2016/08/YUKA20160818132114-thumb-autox1600-25827.jpg

出典:ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

身体の線を「┃」から「(  」にすることによって、バネのようにしなり、キラキラ感やセクシーさを出すことができます。

身体が真横ですが、顔は正面みたいな感じ。

 

2.かさねる

http://gahag.net/img/201608/11s/gahag-0115233317-1.jpg http://gahag.net/img/201603/17s/gahag-0066447751-1.jpg

出典:GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

 

「┃」から「」にするイメージ。腕組や足組でしょうか。右の画像はヒネルとカサネルが合わさっている感じですね。かさねることによって、上品さや安定感を出せます。

 

3.かたむける

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA20160818230216_TP_V.jpg http://www.pakutaso.com/assets_c/2016/08/YUKA20160818555614-thumb-autox1600-25834.jpg

出典:ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード 

 

「┃」から「 / 」のようなイメージ。スタイリッシュさやかっこいい・かわいいを演出できる。

 

以上3点を意識することが美人なしぐさの基本。

本書の参考画像はモデルさんが使われていて、この記事ではローラさんの画像を使いたいなと思いましたが、インスタグラムでしたので断念。

 

このヒネル・カサネル・カタムケルを意識してローラさんのインスタを見てみるとなるほどなーと思う写真がたくさんありますのでぜひ。

 

www.instagram.com

 

 

 

カサネル

 

3つの基本について覚えておきたいなと思ったのがカサネルでの手の場所。

座ったり立っている時、普段手はどこに置いているでしょうか。

 

まずは机・テーブルに座っている時。

手は一の腕に重ねるのがいいそう。

二の腕は耳にしますが、一の腕はあまり聞きなれない言葉。要は手首からひじまでの間のことですが、ここに片方の腕を載せることによって美しく見えるのです。

 

参考画像があればよいのですが、少し調べた程度では見つけられず。

 

そしてもう一つ、二の腕隠し。

こちらは、電車のつり革につかまるときに、つり革を持っている腕の二の腕、もう片方の手をかさねるしぐさ。

こちらも参考画像を探したのですがこれしか見つけられませんでした。

 

 

 

 

 

 

http://racquetkyudai2album1.web.fc2.com/album2007/mix07/3rdkankou1/DSC_4068_R.jpg

引用:観光・前半

 

美しい()

 

言いたいことはわかる。でもこれしか見つけられなかったんだ。

このように手を二の腕に置くことによって、二の腕の太さや、逆に一の腕の細さを強調できるそうです。

半袖の場合は特にそう見えますから、夏にはぜひ実践してほしいです。

片手にスマホではなく、片手は二の腕に。

 

おわり

 

最後の章にはキャラ別診断チャートがあり、自分がどのようなキャラか、そしてどのようなポーズ・イメージが合っているかがわかるのでおすすめ。

ちなみに私は自然体系といやし系のポイントが高かった。

 

おしまい。