本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

本を読む意欲が減ってきた話 「人生を面白くする 本物の教養」

 

早く読了したいばかりによく分からないまま読み進めていくのは、食べ物をしっかり噛まないで次から次へと食べていくようなものです。

 

本日の一冊は「人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

 

最近、本を読む気力というか意欲が沸きません。読み始めても5分程度で本を閉じてしまうことも。寝る前の1時間は必ず本を読むことにしていますが、それも中々続かない。

 

図書館で借りてくる本もちらほらあるわけで、この本も返却しないとなーと思いつつ、でも借りたしパラパラ読みでもしておくかと開いたところ、

 

「本」についての章があったので読んでみることに。

 

著者の本の読み方はオール・オア・ナッシングだそうです。

 

私の経験則ですが、最初の5ページが面白くない本は最後まで読んでも面白くはありません。著者は読んでほしいと思って最初から力を入れて書いているはずですから最初が面白くない本があとから面白くなるはずはないのです。そういうときは、その本は自分とご縁がなかったのだと割り切って、読むのをやめます。逆に最初の5ページを突破した本は、必ず最後まで読みます。

 

最初が面白くないと本の内容に入り込めず、この本は何を言いたいんだろうと困惑することがあります。

 

しかし、小説では導入がよくわからず読んでいたけど途中から伏線が回収され面白くなってくることはあります。ただ実用書は最初で興味がわかないとそのまま興味関心が湧いてくることはなく飽きることが多いですね。

 

そしてもう一つ、著者は「読み返す」ことを重要視しています。

 

読んでいて分からないところが出てきたら、腑に落ちるまで何度も同じ部分を読み返します。多くの人は読み終えたいがために「読み返す」ということをあまりしないようです。しかし、「読み返す」ことによって、最初は分からなかったことでもちゃんと分かるようになり、頭のなかへの入り方がまったく違ってきます。

 

この続きが、冒頭の「早く読了~」になるわけですが、本を読み終えることに力が入ってしまい、本の内容を覚えていないようでは、本を読んだとは言えないし、血肉にならない。

 

まさにその通りですね。

 

それが最近の本を読む意欲が出ない原因かもしれません。

 

ブログ記事を書くために本を読み終えなければいけないという強迫概念?みたいなのが頭にあって、本を読むのですが、なに書けばいいんだろうと考え始め、ああ読むの面倒だなとなってしまいます。

 

ブログ記事を書くことが目的になってしまい本を読むのがないがしろに。本当は読みたい本を読んで、よかったところをブログに書いて残しておこうと考え始めたのに、いつの間にか目的と手段がおかしくなっていました。

 

また、本一冊につき一記事しか書かないようにしていて、本当はいろいろ書きたいのに、長くしすぎないよう引用するところを省いたりすることがありました。でも、これからは長くなる場合には二記事に分けて書いていこうと思いますし、すべて読んでいなくても、気になったところがあればそこだけ読み返して記事にしていきます。

 

読み終えることに力を注いでいたことに気づき、また本を読んでいこうと思う、そんな今日このごろ。

 

この本もまた、読む機会があれば本の章以外も読んで、記事にしたいと思います。

 

おしまい。