読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

どっちが表でどっちが裏か 「沈底魚 」

小説 江戸川乱歩賞

 

「大物の沈底魚が、日本に潜っている」という噂だった。

 

本日の一冊は「沈底魚

 

第53回江戸川乱歩賞受賞作。

 

淡々と進んでいくんだけど二転三転と変わったりして、なんだかよくわかりませんでした。

 

公安警察のお話で、よくある権力と闇のお話。ラストは駆け足気味で終息していった感。

 

誰がどちら側の人間かを探っていく話が中心で、コロコロ表と裏が変わって途中からあんまりわからなかった。

 

いや、分かるんだけど、結局何だったのかがわからないという感じです。

 

選評を読んでいると私と同じことを思った人がいた。

 

「最初から何もしなければ、何も起こらない」におちいっているのが少し惜しかった。

 

二転三転と変わっていくのだけど結局何もしなけりゃよかったんじゃないのかで終わっている。

 

ただ良かったと思うところもあって、

 

主人公の不破さんや五味、凸井さんなどのキャラがたっていて面白い。

 

人物がたってないと話に入り込めないですし。そういう点では素晴らしいと思う。

 

でもやっぱり話はよくわからなかったなー。

 

書いていてたいした記事でもないので土曜日投稿にしてみました。

 

おしまい。