読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

納得の受賞作と死刑の話「13階段」

 

犯罪は、目に見える形で何かを破壊するのではない。人々の心の中に侵入し、その土台を抜き取ってしまうのだ。

 

本日の一冊は「13階段

 

第47回江戸川乱歩賞受賞作品。

 

今まで読んだ江戸川乱歩賞作品で一番よかったかもしれない。

 

といってもまだ受賞作そんなに読んでないけどね。

 

今後も読み続けていきたいところです。

 

さて、本作の感想をちらほら書きますと、

 

まず話の進み方がわかりやすく、王道みたいな構成で読みやすい。

 

1人の主人公がひょんなことからパートナーとともに謎を解いていく。

 

本作では男性二人組ですが、これがドラマになると男女になってヒロインが出てくるんですね。

 

ストーリーはある男の冤罪を晴らすというもの。

 

冤罪になっている人物はあまり出てこないのもいい。

 

死刑をただ待つのみという描写しか書かれておらず、話の重要人物なはずなのに全然出てこない。

 

この大事な部分だけを切り取って不必要な描写が出てこないのが小説なんだろうなーと感じました。

 

この話では死刑について様々な議論がなされており、その中で主人公である二人が死刑について語っていて、死刑は犯罪者自身が維持してると言う場面があります。

 

「他人を殺せば死刑になることくらい、小学生だって知ってるよな?」

「ええ」

「重要なのはそれなんだ。罪の内容とそれに対する罰は、あらかじめみんなに伝えられてる。ところが死刑になる奴ってのはな、捕まれば死刑になると分かっていながら、敢えてやった連中なのさ。分かるか、この意味が?つまりあいつらは、誰かを殺した段階で、自分自身を死刑台に追い込んでるんだ。 

 

なるほどなーと。

 

死刑という刑が存在し、人を殺すと死刑になる。

 

この事実を知っておきながら、人を殺しておいて死刑を逃れようとする。

 

そんなうまい話ないですよね。

 

だって人を殺したら死刑になるって知っているんですから。

 

また、最初に紹介した一文。

 

犯罪は、目に見える形で何かを破壊するのではない。人々の心の中に侵入し、その土台を抜き取ってしまうのだ。

 

犯罪は目に見えないところで人に影響を与えたりするんですよね。

 

犯罪者だけにはならないよう気を付けていきたいです。

 

おしまい。