読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

飲んだ水が身体から出てくには1か月かかる話 「心と体をキレイにする 水の新常識 」

 

1度、体内に摂り込んだ水が、体外に出てしまうまでには1ヶ月はかかる

 

本日の一冊は「心と体をキレイにする 水の新常識

 

昨日に引き続き、水の本です。

 

新常識って書いてあると胡散臭さありすぎて困りますが、気になるところがありましたので記事にします。

 

ちなみにこの他に2冊ほど水の本を読みましたが、新たな知見を得ることはできなかったので記事にしません。

 

本記事の目次

1.飲んだ水はいつ身体から出る?

2.シャワーは髪の毛に悪い?

3.塩水目薬が目の疲れをとる?

 

 飲んだ水はいつ身体から出てくのか

 

著者は、共同研究者とともに、飲んだ水が身体の器官に到達するまでの時間をマウスで実験しています。

 

実験は、飲んだ水と体内にある水を区別するため、重水をマウスに飲ませ、その重水(D2O)の動きを追跡しました。

 

それによると、1分以内に脳や生殖器に到達し、10分後には皮膚組織、20分後までには心臓や肝臓などの臓器に到達することがわかったそうです。

 

そして飲んだ水はどのくらいで完全に身体から無くなるのか。それについても研究結果があります。

 

それに加えて、飲んだ水が身体から完全に排泄されるまでの時間も調べてみました。D2Oを混合した水を1度だけ飲ませ、あとはH2Oだけを飲ませて飼育し、D2Oの動きを追跡したのです。1ヶ月後には各臓器や尿からD2Oが完全に消失しました。つまり、「1度、体内に摂り込んだ水が、体外に出てしまうまでには1ヶ月はかかる」ということです。 

 

つまり、いい水を飲み始めても1ヶ月続けないと身体にきちんといきわたらないということですね。

 

水以外の食べ物も同じぐらいか、さらにはそれ以上の時間をかけて体内を巡ると考えると、常日頃から食に気を付けないといけませんね。

 

1ヶ月ジャンクフード生活したら大変なことになりそう・・・。

 

水道水シャワーの罠

 

水道水中には塩素が入っています。この塩素は人間にどのような影響をもたらすのか。

 

水道水に含まれる塩素は、私たちにどんな弊害をもたらすのか、ご存じでしょうか。仮に塩素濃度を0.1ppm以上として、蛇口をひねって水を流し、手を濡らした瞬間に、約30万個の細胞が破壊されるといったら驚かれることでしょう。それでも健康な人は1秒間に約160万個の細胞を再生しているので、それほど問題にはなりません。

 

破壊される以上に再生しているなら問題はありませんね。ただしシャワーは別かもしれません。

 

シャワーには、実は大きな落とし穴があるのです。水でもお湯でも、シャワーから霧状になって出てきます。その結果、水道水の塩素濃度は約3倍に濃縮されるため、塩素の被害はさらに増大します。つまり、0.1ppmの塩素濃度で破壊される30万個の3倍、約100万個の細胞を破壊します。

 

髪の毛はとても大切です。ハゲたくありません。

 

しかし、シャワーは3倍の塩素濃度になってしまう。100万個になってもまだまだ再生能力が高いので大丈夫ですが、それでも3倍。シャワーを控えたい気持ちになります。

 

まだお風呂のお湯で洗髪したほうがいいそうで、または塩素を無害化するシャワーヘッドに替えることを著者はおすすめしています。

 

特に女性は髪を気にさせるので、シャワーにも気を付けてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

目の疲れは塩水目薬でとる

 

さて、最後の項目は目薬について。

 

スマホを使う人が増えて目疲れが増えているとかなんとか聞きますが、著者はとっておきの視力回復法を紹介しています。

 

目の疲れや視力を自分で回復させる簡単な方法が、実はあります。作り方はいたって簡単です。

①利用する塩は、塩化ナトリウム以外のミネラル成分を含む自然塩か粗塩(愛媛・伯方の塩など)を、健康にいい水(塩素の入っていない水、ミネラルウォーター)に溶かす。

これで目薬の完成です。具体的には1グラムを100ミリリットルの水に溶かします。浸透圧を合わせるために、ヒトの体液中の塩の濃度と同じ0.9%にすればいいのです。(中略)

②自作の目薬を目に点して1~2分間、まぶたの上から軽くマッサージします。

 

でも目薬の容器なんて売ってるとこ見たことない。と思ったら著者はスプレイ容器に入れて、目に吹き込む方法を実践しているそうです。これならできそうですね。

 

また塩水のため室温保存でも大丈夫そうな。夏場で気になる方は冷蔵庫保管へ。

 

水の新常識とはいったいなんなのか。良くわかりませんが、

 

自分にとって塩水目薬はとても役立ちそうです。

 

まだ作ってはいませんけど。。。

 

おしまい。

 

関連記事

arigatoubook.hatenablog.com

arigatoubook.hatenablog.com