読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

炎上した子どもたちは更生できるのか―「天使のナイフ」を読んで

小説 江戸川乱歩賞

 罪を犯した子供たちが立ち直っていくことは必要なことだとは思うが、その理念は、犯罪に遭った被害者やその家族の慟哭を踏みつけた上で成り立っているのだ。

本日の一冊は「天使のナイフ」 

 

ストーリー

 

桧山貴志は妻、祥子を殺された。犯人は当時13歳の少年だったため罪には問われなかった。

 

それから4年、犯人の一人が殺された。貴志の仕事場の近くで殺されたため、疑いの目が向けられる。

 

貴志は少年たちが更生したのかが気になり、調べ始めるが、他の2人の犯人たちにも手がかかる。

 

そして事件は驚愕の結末へと向かうのであった。

 

少年犯罪の更生とは

少年犯罪の問題をついた作品で、特に少年の更生について考えさせられる。

 

職員と共に暮らして、勉強をして、クラブ活動をして、農作業をして、学園で快活な生活を送る。そんな生活をしたことで、彼は自分の犯した罪を償ったと勘違いして社会へ戻っていったのだろうか。

 

更生とは何だろうか。桧山はずっと考えていた。

罪を犯した者が勉学を励み、真っ当な仕事に就くことが更生なのだろうか。二度と刑罰法令に触れる行為を行わないということを更生というのだろうか。

 

罪を償うとはいったいなんなのか。そして更生とはなんなのか。

その一つの答えがこの本には書かれている。

 

これから自分がどう生きていくかという前に、自分が犯してしまった過ちに、真正面から向き合うということが、真の更生なのではないだろうか。

 

更生という言葉で解決する問題でもないけど、

更生したと思えることができれば、少しは救いになるのかもしれない。

 

現代の更生

 

現代は子どもが犯罪をしても、すぐに実名がネットに流出する。

 

そして根も葉もないことを書かれていく。

 

更生するには厳しい環境ではないのだろうか。

 

去年ぐらいに、

 

コンビニのアイスケースに人が入るいたずらから始まり

 

少年少女たちのおふざけ写真がネットに出回り次々と炎上。

 

実名や住所、友人関係などがネットに残る結果となった。

 

ネットがない時代は、

 

近所の人が叱って終わり。その叱りで清算されるはずの行いは

 

過去のものとなっていったはず。

 

しかし、ネットがある現代は炎上した事実は現在も消えないし、残り続ける。

 

さすがにひどいのではないか。

 

特に炎上に加担する多くの人は、まったく無関係の人たちだ。

 

叩きたいから叩く。

 

そこに生身の人間がいるのか分かっているのだろうか。

 

確かに彼らはおふざけという一線を越えて悪いことをしたのだろう。

 

だからといって皆が叩いていいというわけでもないのに。

 

彼らは更生したのだろうか。

 

 

お_し_ま_い_。