読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

自分の働き方・生き方を考えればヤバくない

本日の一冊は「日本人の働き方の9割がヤバい件について

 

日本人の働き方の9割がヤバい件について

 

働き方の本

 

装丁の女性は著者であるめいろまさんをイメージされたものでしょうか?

 

いい味が出てます。

 

本書の目的は、「働くこと」に対する日本の皆さんの悩みは、「外部環境の変化」によるものであり、決して自分自身が悪いわけではないこと、そして、激変する世界情勢の中で、食べていくために、何をするべきか、を浮き彫りにすることです。

 

働き方について著者は他にも本を書かれていますが、今回も内容の本質は変わらないような。

 

今のサラリーマンの現状を説き、日本のシステムと世界のシステムを比較、

 

これから生き残るためには自分のスキルで食っていくことが大切やで~

 

つまり、日本のシステムは古い。今のままではあかんから、自分一人で生きていける仕事力を身に付けよ。

 

 お前はダメじゃない

 

今の人は、不満を外(社会)ではなく、内(自己)に向けているから、

 

悩んだり、自身を無したり、自己啓発本を手に取ります。

 

本当は、「自分」がダメな理由、仕事で悩む理由は、今の自分が置かれた状況を作っている人や、それを支える「仕組み」なのです。つまり、自分ではどうにもならないこと=「外部要因」が、自分の悩みの原因なのです。

 

自分ではどうにもならないことを悩んでいると、

 

どうしようもできない自分に切なくなって、さらに落ち込んでいく悪循環。

 

日本人は変に真面目ですから、真剣に考えちゃって、

 

精神的に追い詰められていくのでしょうか。

 

子どもを大事にする

 

働き方の話題からは逸れますがコラムがよかった。

 

こんなに違う!日本と海外の働き方では、著者の実体験をもとに、

 

日本人は言われたことや決まり事をきちんとこなす優秀さはあるが、

 

臨機応変な対応は弱く、創造性は低いことを述べています。

 

私は日本人の育ち方と教育に原因があると思います。日本の家では親が決めることが多いのです。小さい子供に「アナタはどうやってやりたい?選択肢と理由を説明して」なんて言いません。(中略)国語の試験では先生が決めた「主人公の気持ち」を書けば満点。人から与えられた決まりを守ることを遂行できる能力の訓練に、大きな時間が割かれています。

 

家庭や教育の場が変わらない限り、今後もこのような育ち方をして、どんなにグローバルだと分かっていても、与えられた決まりを遂行する人しか育ちませんね。

 

赤塚不二夫先生も今の親は子供を大事にしていないと言っていました。

 

かまっているだけで、大事にしていない。

 

大事にするとはどういうことか。

 

その一つに、子どもに考える時間を与えているか、があるのではないでしょうか。

 

親の言うことを守るだけでなく、子どもが自分で考えて行動する。

 

その行動を、親が口を挟んで制限させてしまうと、

 

親の言うことを聞いていればいいんだ、と子どもは考えてしまいます。

 

そして自分で考えず、人の意見に流されてしまう人が増えているのかと考えたり考えなかったり。

 

 ライフスタイルジョブ

 

もう一つコラムで気になったのがライフスタイルジョブという選択。

 

これは、お金ではなく生き方を重視する仕事のこと。

 

これらを選択する人には3つのグループがあるそうで、

 

一つ目は、自分のやりたいことをやる人たち。

 

二つ目は、ライフスタイルに合わせて仕事を選ぶ人たち。

 

三つ目は、事業などで成功し富を得たため、お金のために働く気がない人たちがする仕事

 

三つ目はもはや一周してる感じがします。お金を手に入れたからお金では測れないことをする。素敵ですね。

 

やはり多いのが一つ目と二つ目でしょう。

 

最近ではユーチューバーやプロゲーマーがそれに当たるのではないでしょうか。

 

成功してお金持ちな人もいるようですが、

 

そのほとんどがやりたいからやっていて、少しの収入を得る程度でしょう。

 

今後も若い人は働き方について悩み、考えることでしょう。

 

そんな時は、とにかく社会のシステムが悪いんだと投げやりにして

 

自分を追い詰めないようにしてほしいものです。

 

日本でも若い人を中心に、ライフスタイルジョブを選ぶ人がいるようですが、日本人がまず認識すべきなのは、安定した雇用というものはないということ、そして、大事なのは、自分が幸せになるのは、自分が求めることに取り組むことであって、「周囲」が期待する役割を演じることではない、ということでしょう。

 

 お し ま い 。