本を熱いうちに読む

読書ってなんですか

ほうじ茶を作ろう

本日の一冊は「日本茶の図鑑

日本茶の図鑑

スポンサードリンク

 

本の内容

日本茶の基本情報や地域別の日本茶図鑑、日本茶の楽しみ方、作法や歴史も踏まえた日本茶の基礎を知ることができる一冊。

ページの半分が地域別の日本茶図鑑なので、全国の日本茶について知りたい場合はこの本がオススメ。

ほうじ茶は作れる

いつも飲むのは煎茶やほうじ茶。

まずはよく飲むお茶の項目を読んでいたのですが、ほうじ茶の項目に、「自家製ほうじ茶のつくり方」が載っており衝撃。お茶を作るなんてこと考えたことない。しかし作り方はすごいシンプル

つくり方はいたって簡単。お茶を茶こしでふるい、焦げやすい細かい部分を取り除いたらフライパンで炒るだけ。"中火の遠火"を心がけ、フライパンを少し持ち上げた状態で振り動かすとよい。お茶が茶色っぽくなったら火を止めて余熱を通し、香りが立ったら完成。

まさかフライパンを炒るだけでほうじ茶ができるなんて・・・さっそく賞味期限が近い煎茶をフライパンで炒ってみる。

3~4分で茶色くなってきて香りも良い。すぐさまお湯を沸かしてほうじ茶を作ってみました!

 味は・・・確かにほうじ茶の味がしました(笑)違うお茶も炒ってほうじ茶にしてみたいです。

茎茶が飲みたい

一番好きなお茶は茎茶。なぜかと聞かれても忘れました。

多分おいしかったんでしょうね。茎茶が好きという記憶だけが残っています。

というわけで茎茶の項目もチェックしていたわけですが、玉露の茎茶は「雁金」と呼ばれるらしいですね。雁金って耳にしますけど茎茶だったとは。

地域別の日本茶図鑑は煎茶がほとんどで、茎茶で載っているのは岐阜の白川茶の茎茶。鳥取の大山(だいせん)茶で抹茶入白折。高知の土佐茶で別製かりがね 茎茶。以上3つ。

ぜひ見かけたら買おうと思います。

新版 日本茶の図鑑

新版 日本茶の図鑑

 

スポンサードリンク