本を熱いうちに読む

厚みのある本は苦手

日常の謎

日常の謎とフェティシズムを捕獲

本日の一冊は「上石神井さよならレボリューション」 「メインディッシュは?」 岡江は右手で頬杖をついて、優雅に、そして遠回しに効いてくる。眉と耳を隠すやや茶色がかった髪が、窓からの西日を光沢に変換している。 「屈んだ瞬間、スカートの中狙ったヤツ…